大阪市都島区の産後骨盤矯正・妊婦整体・不妊専門 | さらさ整骨院
大阪で行う産後骨盤矯正のさらさ接骨院産後骨盤矯正や腰痛でお悩みの初めての方へメニューと料金についてお客様の喜びの声よくあるご質問さらさ接骨院までのアクセスお問い合わせはこちらから

産後の骨盤矯正

【産後ママ必見】知っておきたい出産後の骨盤のゆがみチェック法 | 大阪市都島区さらさ整骨院

やっぱり産後の骨盤ケアは必須!

当院では産前産後の骨盤ケアを行っていますが、問い合わせなどでよく聞かれるのが

「特に痛みもないし、出産前とあまり体も変わってない気がするんですけど、これって骨盤が開いていないと思っていいんですよね?」

といった産後の骨盤に関しての質問なんです。

妊娠中や産後の方の殆どは骨盤に関してよく調べているのではないでしょうか?

 

実際に雑誌やネットで産後の骨盤矯について調べると、

「産後の骨盤矯正をしないとダメ」

と助産師や整体師などの多くの専門家の方が口を揃えて言っているのを目にします。

何かしら体の変化や症状がある方は別ですが、先程のように変化を感じていないママさんにとってはピンと来ないと思います。

ですがやはり産後の骨盤は誰でもダメージを受けていてケアをしなければいけません。

 

しかし、「赤ちゃんを見てくれる人もいないし、育児や家事で忙しいから骨盤ケアなんてやっているヒマないわ(泣)」

というママさんのために産後の骨盤はどうなっているのか簡単に理解できて、自分でも骨盤が歪んでいるかわかるセルフチェックのやり方をお伝えします。

3分だけお時間をください!

簡単に読めますので、是非最後までご覧頂いて、ご自分の骨盤の状態を確認してくださいね。

産後の骨盤はどうなっているの?

 

【出産後の骨盤の状態はどうなっているの?】

よく

「出産すると骨盤が開く」

と言いますよね?

でも具体的にどうなっているのかって分かってるママさんはほとんどいないと思います。

まず妊娠するとすぐに「リラキシン」という骨盤や背骨などの関節を緩ませるホルモンが出てきます。

これは出産する時に産道を広げやすくするためです。

そして出産時に最大限に押し広げられるので、骨盤がグラグラするという感覚になります。
ただ骨盤が開くというのは、実は半分正解で半分は不正解です。

産後の骨盤は、「骨盤の上部が閉じていて、下部が開く」とのです。

分娩時には坐骨と呼ばれる、椅子に座った時に当たるお尻の骨が横に開いています。

するとテコの原理でその上の仙腸関節という関節は閉じるようにロックがかかります。
産後の骨盤の図

この仙腸関節が閉じてロックがかかると、

・歩くと違和感がある

・内股に力が入らずガニ股になる

・骨盤がグラグラした感じがする

・恥骨や尾骨が痛む

・骨盤の動きが悪くなり腰が痛くなる

などの症状が出てきます。

 

この仙腸関節の動きを正常化させ、坐骨を正しく締めて出産前の骨盤の状態に戻すことで、本来の骨盤の機能を回復することができるのです。

このままにしておくとどうなるの?

骨盤の上部が閉じて、下部が開いたままになると体の内側の筋肉が弱くなってきます。

体の内側の筋肉とは、いわゆるインナーマッスルと呼ばれる「体幹筋」です。

体幹筋は背骨の周りにあり、大黒柱の様に体を支えています。

(青い部分が骨盤のインナーマッスルです)
インナーマッスルは骨盤や背骨を支えています

このインナーマッスルが使えなくなると、

・尿もれ(尿を我慢する筋肉が弱くなる)

・子宮下垂(骨盤底筋が弱くなり子宮の重さで下垂しやすくなる)

・腰痛(立った時や歩いた時に体を支えきれず腰に負担がかかる)

・腱鞘炎(赤ちゃんを抱っこした時に体の軸がなくなると、本来地面に逃げるはずだった赤ちゃんの体重が腕にかかるため)

・恥骨痛(骨盤周りの筋肉が外側に向かって外に開く力が強くなるため恥骨が引き剥がされる様になり痛みが生じる)

などの産後特有の体の不調が起こります。

 

産後の骨盤ケアはいつからがベストなの?

通常、産後の骨盤は3〜6ヶ月の間に骨盤のケアをしてあげるのが効果的と言われます。

これは産後の骨盤が6ヶ月をすぎると緩んだ靭帯が硬くなり、骨盤矯正がしにくくなるからです。

ですが私の考えとしては、1ヶ月からでも産後の骨盤ケアをした方がいいと考えています。

その理由なんですが、足の捻挫を思い出してください。
産後の骨盤は脚の捻挫と同じ

産後の骨盤は、無理やり関節を広げられた「捻挫と同じ」状態なんです。

程度にもよりますが、捻挫の治療は1~2週間は固定をして、腫れが引いてきたら徐々に足の関節を動かしていきます。

いつまでも固定をし続けると関節の周りの筋肉が固まって、脳が足の筋肉の動かし方をを忘れ、関節が固まってきてしまうのです。

そして足関節が固まって動きにくくなると、今度は足関節を動かそうと思って周囲の筋肉が無理に頑張って動きます。

その結果今度は足関節の周囲の筋肉がダメージを受けてしまいます。

 

産後の骨盤も同じで、骨盤周りの関節が傷つき炎症を起こしているので、出産直後からしばらくは骨盤ベルトなどをつけて固定をするのがベストです。

ただ骨盤ベルトは締め過ぎは厳禁です。

締めすぎると元の筋肉が動かないということは周囲の筋肉が頑張って動いてしまう事で骨盤周りのダメージが拡大していってしまうからです。

産後の骨盤周りの筋肉は内側がダメージを受けて動かなくなり外側の筋肉が過剰に働くことで骨盤の下部が開き、上部の仙腸関節が閉じてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そのためダメージを受けている筋肉を早めに調整をしてあげることが大切なのです。

 

「私の骨盤は開いているの?」自分でわかるセルフチェック

骨盤の上部の関節である仙腸関節が閉じていてロックがかかっていると骨盤の動きが悪くなります。

上部が閉じていると、骨盤の下部が開いているのでいわゆる【骨盤が開いている】状態になります。

実際に骨盤が開いているか簡単に確認する方法がありますのでご紹介します

1、まず、天井を向く様に仰向けになってください

2、膝を曲げて下さい

3、このまま左右に膝を倒して下さい

4、床まで膝が倒れば骨盤の開き具合は少ないです、床まで倒れない場合は骨盤が開き気味です

5、左右によって倒しやすさの差があれば骨盤の歪みがあります

膝が床までつかなかったり、左右で倒す感覚が違う場合は骨盤のセルフケアを行って下さい

 

セルフケア方法は症状によって違いますので個別にご指導いたします。

知りたい方はお気軽にお声をかけてくださいね!

 

まとめ

出産は人生の中で一番と言っても過言ではないほどママの体にダメージを残します。

しかし体の痛みを我慢をしている方や、どこに行ったらいいのかわからないママも多いです。

早めのケアが大切なのでもし自分だけではできないと思いましたら当院までご連絡下さい。

ご予約はLINEでも受け付けてますよ!

産後の骨盤はどうなっているの?

産後の骨盤のゆがみをチェック!あなたの骨盤のゆがみ度は?

産後の骨盤のゆがみを確認しましょう

出産後に気になるのは

・あんなに大きい赤ちゃんが出てきて骨盤大丈夫かな
・骨盤が歪むとは言うけど実際はどうなの?
・痛みもないから大丈夫かな
・どのケアすればいいの??

とあなたも思っているでしょう。
そこで産後のママさんの疑問にお答えして、産後の骨盤がどのようになっているのか説明します。
産後ママの骨盤

目次

  • 出産時の骨盤がどう動いているのか
  • 骨盤が歪むとは…
  • 産後によくやってしまう歪む姿勢
  • 自分でわかる骨盤の歪みのチェック方法
  • 骨盤の歪みを自分で矯正するには

出産時の骨盤がどう動いているのか

出産時の骨盤はグネグネ動いています
関節を緩ませる「リラキシン」「HCG」ホルモンの作用により靭帯が緩くなり
恥骨痛や腰痛などを発症します骨盤前面の広がり

出産時は赤ちゃんの頭が出る時に、椅子に座った時にお尻のところに当たる骨、坐骨(ざこつ)が外側に広がります(黄色の矢印)。
骨盤の上の方は逆に内側へ閉じていきます(赤い矢印)。

骨盤後面の広がり

【骨盤の下は広がる】→お尻が垂れるがに股尿漏れの原因になります
【骨盤の上は閉じる】→骨盤の動きが悪くなり腰痛股関節の痛みの原因になります。
また、生理痛がある女性は骨盤が固くなっており、経血を上手く排出できないので子宮がより強く収縮して痛みが出るのです。

骨盤が歪むとは

骨盤が歪みといっても、レントゲンを撮っても確認はできません。背骨レントゲン

ではなぜ骨盤が歪んでいる感じがするのでしょうか?
それは筋肉のアンバランスがあるからからです。
妊娠でお腹が大きくなってきて、バランスをとるために足を広げて歩きます。
そのため内ももの筋肉がゆるみ、外側の筋肉が固くなります。
すると骨盤の骨が筋肉により引っ張られてしまいいわゆる「骨盤の広がり」がおきます。
産後骨盤矯正では、骨を矯正するのではなく筋肉を矯正する事で骨盤が正常な位置に戻します。
なのでバキバキ骨を鳴らさなくても正しい方法で固い筋肉を緩めて、緩んだ筋肉を締めれば自分でも骨盤矯正ができるのです。

産後に骨盤をゆがめる姿勢

1、横座り横すわり
お子さんが産まれると子供中心の生活になり
床に座ることが多くなる家庭もあります
この様な姿勢で長時間授乳をすると股関節が丸まり骨盤を広げる筋肉が強く張り、お腹の中の筋肉が弱くなります

2、ぺちゃんこ座り
ぺちゃんこ座り
足が内側にねじれてしまい、骨盤もさらに広がってしまう座り方です。
膝関節にも負担がかかり歩き出しに膝が痛いというママさんはこの姿勢をとっている可能性があります
またお腹を圧迫して子宮内の血流が悪くなるので悪露が出ている1か月以内は避けてください

3、ソファーでの深く座る姿勢
ソファー座り
柔らかいソファーで授乳している時に骨盤が丸まってしまう姿勢になります
骨盤の仙骨という骨が後方に落ちてしまいます
この時に仙結節靭帯(せんけっせつじんたい)という骨盤の靭帯に負担がかかります。
すると骨盤が不安定になり、腰痛の原因になります
仙結節靭帯.

自分でわかる産後の骨盤の歪みチェック方法

正座で骨盤の開きをチェック
つま先立ちをして踵をつけたまま正座をしていきます
膝立ち
踵がこの時に離れてしまうと骨盤の外側と内側の筋肉のアンバランスがある可能性があります
女の子

仰向けで膝を立てて倒すチェック
仰向けで膝を立てて頂き
左右に倒してください
仰向膝倒し
横倒し
これで左右の倒しやすさと倒しにくさをみて下さい
倒しにくい方がある場合、骨盤のこの部分が固まっている可能性があります

横座りチェック方法
左右に横座りをして下さい
横座り正面
横座り正面2
やりにくい方があれば股関節の筋肉が左右アンバランスになっている可能性があります

骨盤のゆがみを自分で矯正する方法

テニスボールを使う方法
骨盤の張っている外側の筋肉をテニスボールによって調整していきます
テニスボール
横向きで頭には枕を入れてください(入れないと下の腕がシビレてきます)
頭に枕を入れて.寝る
この状態でここの部分にテニスボールを入れます(お尻の横の出っ張りの骨に当たらない様にしてください)
ボールを入れた状態で3分ほど動かないでジワーッと刺激をしてください
反対側も同様に行ってください
特に寝る前に行って頂くと朝起きる時に腰がスムーズに動きます。
時間がないママさんはこちらどれか一つお試しください

四つん這い姿勢

よつ這い.

1、四つん這いになりつま先を立てて頭を上げて下さい
2、腰を軽く反らせて下さい
3、この状態で3分ほど行ってもらうと骨盤の関節に潤滑油が潤ってきて腰、骨盤の動きがスムーズになってきます
骨盤の上に少し重めのものを乗せるのも効果的です(座布団2枚ほどの重さ)

 

骨盤ぐるぐるケア

・手をウエストのくびれるのところにおきます
・骨盤を左右30回ずつ回します
・出来るだけ上半身が動かないように骨盤のみを動かして下さい
・キツイ感じが腹筋に出てくればうまく回せてます
・このぐるぐる運動をすると先ほどの仙腸関節のロックがとれてきますので
骨盤が絞まりやすくなります

骨盤ストレッチケア

仰向けに寝て頂いて膝を立てます。
骨盤が歪んでいるか?の検査を行います。
そのまま左右に倒した時に行きにくい方があれば骨盤が歪んでいる可能性があります。

その時の改善のやり方です。
・膝を立てた状態で足を大きく広げます。
・その位置からまず右の膝を内側に倒して30秒間キープしてください
・この時左の足は立てたままです。
・ゆっくりもどして同様に左の膝を内側にに倒して30秒間キープしてください
・両方を5回ずつ行ったら再び膝を閉じて左右に倒してください
・左右差がなくなっていればOKです
・これを1日1回行ってください

授乳時に骨盤を歪ませない方法

床に座って授乳すると骨盤が丸まってしまい、骨盤を外側に引っ張る筋肉が張ってしまいます
横座りやぺちゃんこ座りもするので股関節も痛めやすいです
また肩も前に出てしまい丸まってしまうので乳腺がつぶれやすくなり乳腺炎にもなりやすいです
これは授乳時に多い姿勢でお腹の中の筋肉が弱くなってしまい骨盤が丸まってしまと骨盤が外に開いてしまいます
そこでお尻の下に座布団を折り曲げるぐらいの厚さの枕を入れて下さい(座布団でも大丈夫です)

授乳中の座り方

この様にすると骨盤が前傾し、肩が下に下がります
この姿勢で授乳をして頂くと骨盤に優しく締まりますので授乳の際はお試しください

いかがでしたでしたか?
産後は自分でも思ってないほどダメージを受けています
お子さん・家族のためにも自分自身をケアする時間を作ってあげましょう
産後の骨盤がどうなっているか不安なママさんはこちらをクリックして下さい

産後骨盤矯正

産後の骨盤矯正を自分で行う3つの方法を教えます | 大阪市都島区さらさ整骨院

産後の骨盤矯正を自分で行う3つの方法を教えます

この記事をお読みの女性のあなたは、今まさに出産してからの腰痛や肩こりに悩んでいるのではないでしょうか?
もしかしたら妊娠中から肩こりや腰痛に悩んでいたかもしれませんね。

マッサージしても治らないその痛みの原因は、実は「骨盤」にあるからです。

この記事では、そんな出産後の症状を改善するための方法をお伝えしますので、その方法を3ヶ月間実践して頂ければ、あなたの骨盤は整体や整骨院に行かなくても整えることができるでしょう(さらに…)

【産後ママ必見!】産後の骨盤矯正に気をつけろ!整体院の失敗しない選び方

【最新版】産後骨盤矯正はまだするな!整体院の失敗しない選び方

最近では時当たり前になってきた「産後の骨盤矯正」
産後ママの間ではいつの間にか常識になってきていますよね。
この記事をお読みのあなたも、きっとこれから産後骨盤矯正を受けようと思われているか、今まさに矯正で通っていることでしょう。
もしかしたら最近まで通っていたという方もいるかもしれませんね。

そんな骨盤ケアをしたいと思っている産後ママが1番悩むのは、
「どの整体院に行ったらいいのか?」
ということだと思います。

産後骨盤矯正は1回2,000円くらいのところもあれば、10,000円以上のところもあります。
高ければいいわけではないのですが、安いと逆に不安になったりすると思います。

そんな産後の整体院探しをされているあなたに、良い整体院の選び方を特別に教えます。

(さらに…)

産後に骨盤矯正をする目的って何?産後ママの疑問にお応えします

産後の骨盤矯正について、あなたはどれくらい知っていますか?この記事をお読みのあなたは、インターネットの情報や周りのママ友達から「産後は骨盤矯正した方ががいいよ」と聞いていると思います。しかし薄々は知っていても、具体的に何がどうしていいのかまではよく知らない、という人がほとんどではないでしょうか。この記事では、産後骨盤矯正についてのなぜ?どうして?の疑問に、産前産後の骨盤マイスターの私が、あなたの疑問にスッキリとお答えします。

■なぜ産後に骨盤矯正が必要なのか

 ●産前の骨盤:出産に備えて関節が緩くなる

骨盤は左右2つの大きな寛骨(腸骨・恥骨・坐骨からできています)、腰の下あたりにある仙骨、そして尾骨から構成されています。これらの4つの骨は関節と靭帯でつながって筒状の骨盤を作り、内臓や赤ちゃんを支えています。この骨盤はとても複雑な形をしており、赤ちゃんは狭い骨盤の中の一番広いところを選びながら回転して出てきます。

お母さんの体では妊娠中に出産に備えるホルモンが出てきます。そのホルモンの関係で骨盤をつなげている関節がそれぞれの場所でゆるんで柔らかくなり、結合されている両方の骨が動くようになります。妊娠中に恥骨の痛みや、腰の下部当たりの痛みを感じた人も少なくないはずです。これは恥骨結合のゆるみや、仙骨関節のゆるみに関連するものです。このゆるみが過度になると、歩くのに障害が出るほどの痛みを伴います。

 ●産後の骨盤:出産後の回復期間は3~6か月

産後の骨盤は、まだまだ結合がゆるく不安定なままです。骨盤を支える靭帯や筋肉も伸びてダメージを負った状態ですから十分に骨盤を支えることができません。これらの筋肉を戻すのには2か月、骨盤が妊娠前の状態に回復するのに3~6か月はかかるとされています。

 

■産後に骨盤矯正しないとどうなる?

産後の不安定な時期に、安静が守られず、疲労や悪い姿勢などが重なると、骨盤がゆがんだ状態で固まってしまう可能性があります。また、安静にしていても、骨盤の左右のバランスが取れない状態で関節が固まってしまう場合もあります。

骨盤が広がったまま固まると、骨盤内の内臓をうまく支えることができません。子宮や膀胱、直腸などが圧迫され、便秘や頻尿、尿漏れや子宮脱、生理不順などを引き起こします。

さらに、骨盤は体の中心にありますので、ゆがんだ状態で固まると体全体のゆがみを引き起こします。腰痛や肩こり、背部痛や頭痛など体の不調を引き起こします。

(さらに…)

免責:お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

【anan】
2015.7.1号「大人女性に
今おすすめのSHOP」


【CREA】
「産前産後のボディケアを
はじめよう!」


【むち打ち治療の
ゴッドハンドを探せ!】 交通事故治療専門院
ベスト治療院として
当院が紹介されました。


【大阪日日新聞】
「頼れる治療家特集」
骨盤矯正・整体 産後骨盤矯正 マタニティ整体 妊活サポート整体 交通事故・むちうち
PAGETOP