大阪の【産後骨盤矯正・妊婦整体・腰痛・坐骨神経痛・生理痛】専門院 | さらさ整骨院

初めての方へ

  • HOME »
  • 初めての方へ

初めての方へ

はじめまして!

院長の石黒聡志(いしぐろさとし)と申します。

昭和49年1月31日生まれ(A型)です。

現在、奥さんと息子2人の4人家族です。
自分に子供が出来るまでは、実は子供が苦手でした^^;
ですが、現在は週末には必ず何処かに連れていって遊ぶことが、最大の楽しみになってしまいました(笑)

私は25歳で治療家への道に進んだのですが、最初は医療系国家資格(柔道整復師)を活かし、整骨院や整形外科クリニックでリハビリ業務に従事してきました。

そして2011年6月に、大阪市都島区に「さらさ整骨院」を開院しました。

そんな私がどういう人間なのか、少しだけ自己紹介をさせてください。

 スポーツが大好きな少年時代

私は三人兄弟の長男として生まれ、下には妹と弟がいます。高校卒業まで名古屋で過ごしました。

今まで様々なスポーツをしてきましたが、小さい頃から走り回ったり、虫や魚などを捕まえたりして遊ぶことが大好きでした。

小学生の時はスポーツ少年団で剣道とソフトボールを6年間やっていました。

中学生では野球部に入部し、3年生時にはピッチャーとして活躍しました。
高校でも野球を続けようか迷いましたが、私の中学の地区の同学年に天才選手がおり、彼を見て自身を失ってしまい、高校では弓道部に入りました。

その後は大学でアイスホッケー、社会人になってからはサーフィンやサッカーをやっていました。

私の性格ですが、様々なことに興味を持ち、一度興味を持ったら何事も試してみないと気がすまない、好奇心旺盛な性格のようです。

この性格は今の治療家人生にも大いに生かされています。

治療家への道に進んだきっかけ

そんな私が治療家の道に進んだのは、大学時代のアイスホッケーをしていた特のケガがきっかけでした。

アイスホッケーは激しいぶつかり合いのスポーツです。

毎日激しい練習をしていましたが、そこで私は腰を痛めてしまったのです。

この時人生で初めて整骨院と整形外科に行きましたが、治療といえば湿布とマッサージと電気治療だけで、先生には

「腰痛は安静にしていないと治らない」と言われたのを覚えています。

 

その後も腰痛は続き、足首の捻挫をしたりしましたが、そんな経験から、「整骨院に行っても、どうせ湿布と電気だ

けだし…」と思い、自力で治してきました。

 

大学卒業後は、化粧品商社で営業をしていました。仕事では長時間の車の運転が多く、サーフィンを始めたせいで、

また腰に強い痛みを感じるようになりました。

「このままでは一生治らなくなるんじゃないか…」という不安がありました。

この時も整骨院にしばらく通っていましたが、やはり電気と湿布とマッサージだけで、完全には治りきらないままでした。

 

その時、たまたま近所に整体院がオープンしました。整体にはいったことがなかったのですが、試しに施術をしてもらいました。

勇気を出して初めて行った整体院で、院長先生に私の症状を説明した際、「大丈夫。治してあげるから、大丈夫だよ!」という言葉を頂きました。

一瞬疑いましたが、目の前が明るくなったのを覚えています。

 

3ヶ月ほど治療を受けて、腰はすっかり良くなりました。そして治療を受けながら院長先生と仲良くなって話していくうちに、私も同じように困っている人たちを助けていきたいと思う気持ちが強くなり、仕事を辞めて医療専門学校に入学して国家資格を取得し、柔道整復師になりました。

 

大阪市で唯一の妊婦・産後骨盤矯正専門整体院「さらさ整骨院」

院長 石黒聡志

kotuban08

 

診療時間
免責:お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

【anan】
2015.7.1号「大人女性に
今おすすめのSHOP」


【CREA】
「産前産後のボディケアを
はじめよう!」


【むち打ち治療の
ゴッドハンドを探せ!】 交通事故治療専門院
ベスト治療院として
当院が紹介されました。


【大阪日日新聞】
「頼れる治療家特集」
PAGETOP