産後の骨盤のゆがみを確認しましょう

出産後に気になるのは

・あんなに大きい赤ちゃんが出てきて骨盤大丈夫かな
・骨盤が歪むとは言うけど実際はどうなの?
・痛みもないから大丈夫かな
・どのケアすればいいの??

とあなたも思っているでしょう。
そこで産後のママさんの疑問にお答えして、産後の骨盤がどのようになっているのか説明します。
産後ママの骨盤

目次

  • 出産時の骨盤がどう動いているのか
  • 骨盤が歪むとは…
  • 産後によくやってしまう歪む姿勢
  • 自分でわかる骨盤の歪みのチェック方法
  • 骨盤の歪みを自分で矯正するには

出産時の骨盤がどう動いているのか

出産時の骨盤はグネグネ動いています
関節を緩ませる「リラキシン」「HCG」ホルモンの作用により靭帯が緩くなり
恥骨痛や腰痛などを発症します骨盤前面の広がり

出産時は赤ちゃんの頭が出る時に、椅子に座った時にお尻のところに当たる骨、坐骨(ざこつ)が外側に広がります(黄色の矢印)。
骨盤の上の方は逆に内側へ閉じていきます(赤い矢印)。

骨盤後面の広がり

【骨盤の下は広がる】→お尻が垂れるがに股尿漏れの原因になります
【骨盤の上は閉じる】→骨盤の動きが悪くなり腰痛股関節の痛みの原因になります。
また、生理痛がある女性は骨盤が固くなっており、経血を上手く排出できないので子宮がより強く収縮して痛みが出るのです。

骨盤が歪むとは

骨盤が歪みといっても、レントゲンを撮っても確認はできません。背骨レントゲン

ではなぜ骨盤が歪んでいる感じがするのでしょうか?
それは筋肉のアンバランスがあるからからです。
妊娠でお腹が大きくなってきて、バランスをとるために足を広げて歩きます。
そのため内ももの筋肉がゆるみ、外側の筋肉が固くなります。
すると骨盤の骨が筋肉により引っ張られてしまいいわゆる「骨盤の広がり」がおきます。
産後骨盤矯正では、骨を矯正するのではなく筋肉を矯正する事で骨盤が正常な位置に戻します。
なのでバキバキ骨を鳴らさなくても正しい方法で固い筋肉を緩めて、緩んだ筋肉を締めれば自分でも骨盤矯正ができるのです。

産後に骨盤をゆがめる姿勢

1、横座り横すわり
お子さんが産まれると子供中心の生活になり
床に座ることが多くなる家庭もあります
この様な姿勢で長時間授乳をすると股関節が丸まり骨盤を広げる筋肉が強く張り、お腹の中の筋肉が弱くなります

2、ぺちゃんこ座り
ぺちゃんこ座り
足が内側にねじれてしまい、骨盤もさらに広がってしまう座り方です。
膝関節にも負担がかかり歩き出しに膝が痛いというママさんはこの姿勢をとっている可能性があります
またお腹を圧迫して子宮内の血流が悪くなるので悪露が出ている1か月以内は避けてください

3、ソファーでの深く座る姿勢
ソファー座り
柔らかいソファーで授乳している時に骨盤が丸まってしまう姿勢になります
骨盤の仙骨という骨が後方に落ちてしまいます
この時に仙結節靭帯(せんけっせつじんたい)という骨盤の靭帯に負担がかかります。
すると骨盤が不安定になり、腰痛の原因になります
仙結節靭帯.

自分でわかる産後の骨盤の歪みチェック方法

正座で骨盤の開きをチェック
つま先立ちをして踵をつけたまま正座をしていきます
膝立ち
踵がこの時に離れてしまうと骨盤の外側と内側の筋肉のアンバランスがある可能性があります
女の子

仰向けで膝を立てて倒すチェック
仰向けで膝を立てて頂き
左右に倒してください
仰向膝倒し
横倒し
これで左右の倒しやすさと倒しにくさをみて下さい
倒しにくい方がある場合、骨盤のこの部分が固まっている可能性があります

横座りチェック方法
左右に横座りをして下さい
横座り正面
横座り正面2
やりにくい方があれば股関節の筋肉が左右アンバランスになっている可能性があります

骨盤のゆがみを自分で矯正する方法

テニスボールを使う方法
骨盤の張っている外側の筋肉をテニスボールによって調整していきます
テニスボール
横向きで頭には枕を入れてください(入れないと下の腕がシビレてきます)
頭に枕を入れて.寝る
この状態でここの部分にテニスボールを入れます(お尻の横の出っ張りの骨に当たらない様にしてください)
ボールを入れた状態で3分ほど動かないでジワーッと刺激をしてください
反対側も同様に行ってください
特に寝る前に行って頂くと朝起きる時に腰がスムーズに動きます。
時間がないママさんはこちらどれか一つお試しください

四つん這い姿勢

よつ這い.

1、四つん這いになりつま先を立てて頭を上げて下さい
2、腰を軽く反らせて下さい
3、この状態で3分ほど行ってもらうと骨盤の関節に潤滑油が潤ってきて腰、骨盤の動きがスムーズになってきます
骨盤の上に少し重めのものを乗せるのも効果的です(座布団2枚ほどの重さ)

 

骨盤ぐるぐるケア

・手をウエストのくびれるのところにおきます
・骨盤を左右30回ずつ回します
・出来るだけ上半身が動かないように骨盤のみを動かして下さい
・キツイ感じが腹筋に出てくればうまく回せてます
・このぐるぐる運動をすると先ほどの仙腸関節のロックがとれてきますので
骨盤が絞まりやすくなります

骨盤ストレッチケア

仰向けに寝て頂いて膝を立てます。
骨盤が歪んでいるか?の検査を行います。
そのまま左右に倒した時に行きにくい方があれば骨盤が歪んでいる可能性があります。

その時の改善のやり方です。
・膝を立てた状態で足を大きく広げます。
・その位置からまず右の膝を内側に倒して30秒間キープしてください
・この時左の足は立てたままです。
・ゆっくりもどして同様に左の膝を内側にに倒して30秒間キープしてください
・両方を5回ずつ行ったら再び膝を閉じて左右に倒してください
・左右差がなくなっていればOKです
・これを1日1回行ってください

授乳時に骨盤を歪ませない方法

床に座って授乳すると骨盤が丸まってしまい、骨盤を外側に引っ張る筋肉が張ってしまいます
横座りやぺちゃんこ座りもするので股関節も痛めやすいです
また肩も前に出てしまい丸まってしまうので乳腺がつぶれやすくなり乳腺炎にもなりやすいです
これは授乳時に多い姿勢でお腹の中の筋肉が弱くなってしまい骨盤が丸まってしまと骨盤が外に開いてしまいます
そこでお尻の下に座布団を折り曲げるぐらいの厚さの枕を入れて下さい(座布団でも大丈夫です)

授乳中の座り方

この様にすると骨盤が前傾し、肩が下に下がります
この姿勢で授乳をして頂くと骨盤に優しく締まりますので授乳の際はお試しください

いかがでしたでしたか?
産後は自分でも思ってないほどダメージを受けています
お子さん・家族のためにも自分自身をケアする時間を作ってあげましょう
産後の骨盤がどうなっているか不安なママさんはこちらをクリックして下さい

産後骨盤矯正