産後の腰痛は病院に行くな!湿布なしで改善する方法を教えます

産後の腰痛に湿布は効果ない

体の痛みで特に多いのが腰痛なのですが、産後のあなたも腰痛でお悩みではないでしょうか?
当院での産後の骨盤矯正に通われている方の約90%の方が腰の痛みを持っています。

  「赤ちゃんを抱っこする時に腰が痛む」
  「授乳していると腰が痛くなってくる」
  「朝起き上がろうとする時に腰が痛く起きられない」
  「仰向けに寝ようとすると腰が痛くて、横向きでしか寝られない」
  「抱っこひもで出掛けると腰が辛くなる」
といったことでお悩みの方がとても多くいらっしゃいます。

このような状態の時、あなたはどうしますか?

とりあえずは病院に行ってレントゲンなので検査し、電気やホットパック、牽引などをしてもらい、帰りに湿布をもらって帰る・・・。
このような経験をした方も多いと思います。
ですがなかなかこれでは良くならない方が多いのではないでしょうか?
実は産後の腰痛の多くは、病院に行っても良くならないのです。

そしてこのような産後の腰痛ですが、実は病院に行かなくても、自分で改善できる方法があるのです!。
今回は病院に行っても良くならない理由と、自分でできる産後の骨盤ケア体操をお伝えします。

 

【産後に腰痛が起こる原因】

なぜ産後に腰痛が起きやすいのでしょうか?

それは3つの理由があります。

①骨盤がゆるくなる

妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンは、出産に備えて、骨盤などの関節を緩める働きがあります。
そのおかげで出産時に骨盤の底の部分の産道が大きく広がり、赤ちゃんが出てきやすくなるのです。

ですが骨盤や背骨がゆるく不安定になると、周りの筋肉が頑張って体を支えようとして疲労していきます。
特に腰を支えているのは腰椎と呼ばれる腰の骨だけしかないので、腰回りの筋肉に大きな負担が常にかかってしまい、腰痛が起きるのです。

また、出産後の骨盤はボロボロになっていて、妊娠中よりもグラグラとしています。
そのような状態で抱っこをしますから、腰にはさらに負担がかかって腰痛が起こるのです。

 

②重心のバランスの変化

妊娠5~6ヶ月ごろから徐々にお腹が大きくなってきます。
すると前に出てきたお腹のバランスをとるために、腰が反りやすくなってきます。
テコの原理で、お腹が前に出れば出るほど、腰にかかる負担は大きくなります。
なので妊娠中は腰への負担が徐々に大きくかかるのです。

また産後の赤ちゃんを抱っこするため、そのバランスをとるために腰を反らせてしまいます。
抱っこの多い赤ちゃんの場合、腰への負担は特に増加しますので、抱っこのときの重心の位置を気をつける必要があります。

 

③姿勢の変化

産後は赤ちゃんの世話をするため、どうしても前屈みの姿勢になっていることが増えます。
おむつ替えや授乳、抱き上げるときなど、いつも前屈みでお世話をしてしまいます。
このように腰が曲がった状態のままになると、腰を伸ばそうとした時に痛みが出るようになります。

 

【産後の腰痛で病院に行っても良くならない理由】

産後の腰痛で病院にいくな

ではなぜ病院に行ってもなかなか良くならないのでしょうか?
それはこんな理由があるからです。

①レントゲンでは筋肉や骨盤のゆるみの状態は分からない

病院に行って「腰が痛いです」と説明すると、まず行うのはレントゲンの検査です。
じつはレントゲンに映るのは「骨」だけなのです。
この骨に異常がなければ、「筋肉を痛めていますね」と言われるでしょうし、骨と骨の間が狭くなっていると「ヘルニアがあります」と言われることがあるかもしれません。

ですが、そこから筋肉のどこが悪くて痛みが出ているとか、骨盤がゆがんでいるから痛みが出ているといった説明はほとんどありません。

なぜなら本当の原因がどこにあるのかが分からないからです。
腰の痛みの85%は、腰に原因がないというのが現代医学では常識になっています。
ですが病院では腰なら腰の周りしかみないので、全身のバランスの崩れなどといった全体を見ての検査を行わないから、原因を見つけることができないのです。

 

②電気治療では部分的な治療しかできない

理学療法士というリハビリ専門の先生がいない病院の場合、電気治療やホットパックなどの温熱療法をメインに治療をします。
ですが、腰に電気を当ててもその部分しか筋肉に刺激は伝わりません。ホットパックも同様です。
その時は血行が良くなって楽になっても、すぐに血流は悪くなってしまい、痛みが出てきてしまうのです。

 

③湿布は根本的に治すものではない

痛い時によく湿布を貼る方も多いと思います。
では湿布とはどんな効果があるのでしょうか?
湿布は基本的には「痛みを和らげる成分」が主です。
なので、「治す」ものではなく「痛みを軽減させる」ものなのです。
湿布を貼ってしばらくは楽になっても、数時間立つとまた痛みが元に戻っているのはそういった理由なのです。
ただ、貼って楽になるのであれば、そのまま使用してもいいと思います。
ですが根本的に治すものではないということだけ頭に入れておきましょう。

 

【産後の腰痛の改善方法】

それでは産後の腰痛を改善する方法を3つお伝えします。
体操やストレッチは、絶対に無理をしないようにして下さい。
気持ちいいくらいの強さがちょうどいいので、それ以上強くやりすぎると逆に腰痛がひどくなることがありますので注意して下さい。

 

①お尻(殿筋)のストレッチ

妊娠中から特に筋肉の緊張が強いのは殿筋と呼ばれるお尻の筋肉です。
筋肉自体は腰の筋肉とは別々のものですが、この筋肉をおおっている「筋膜」という膜がお尻から腰につながっています。
このお尻の筋膜が硬くなると、つながっている腰の筋膜も硬くなり、腰痛が引き起こされるのです。

・ストレッチ方法

 

 

②腰から背中のストレッチ

妊娠中から背中から腰にかけて全体の筋肉に負担がかかっています。
なので、背中から腰にかけて全体をストレッチすることで、腰の筋肉も緩んで痛みが軽くなります。

・ストレッチ方法

 

③骨盤エクササイズ(骨盤歩き)

産後の骨盤はゆがんでいたり、緩んでいます。
その骨盤を自分で整える運動になります。

・骨盤歩き

 

【まとめ】

いかがでしょうか?産後は自分が思っている以上に体はボロボロになっています。
もしこの体操をしてもなかなか腰痛が改善しない場合は、できるだけ産後専門の整体をしているところに行くようにして下さい。

産後の骨盤は普通の骨盤とは違いますので、専門の先生に相談しましょう。
もし産後のお体のことで何かご質問がありましたら、当院の公式LINEアカウントからメッセージを送ってくださいね!

 

kotuban08


友だち追加
LINEでのご予約方法
①友だち追加
PCの方は右のQRコードから、スマホの方はこちらをタップして友だち追加して下さい。
②メッセージ入力
「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」を入力して下さい。
折り返しご連絡差し上げます。

アクセス

map03
【グーグルマップはこちらをクリック】

【電車で来られる場合】
地下鉄谷町線「都島」5番出口より北へ徒歩5分

【車で来られる場合】
提携駐車場(ショウワパーク)をご利用下さい(1時間分サービス)