産後の骨盤矯正はいつから始めたらいいの

こんにちは!マタニティ・産後・婦人科系専門整体院の石黒です。

産後に

・いつから骨盤矯正はしたらいいの?
・産後骨盤矯正の始める時期に決まりはあるの?
・いつまでにしないといけないの?

と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する『産後の骨盤矯正の始めるのに最適な時期』を理解すると、あなたがいつから産後骨盤矯正を始めれば良いのかがわかります。

なぜなら、私が実際に4000人以上の産後ママを施術した経験から導き出したからです。

この記事では、産後骨盤矯正を始める時期と、いつまでにしたらいいのか、産後の骨盤はどう変化しているのかについてもご紹介します。
記事を読み終えると、産後骨盤矯正を始めるかどうかで悩むことは一切なく、正しいタイミングで産後ケアを受けに行けるようになります。

産後骨盤矯正はいつから始めるのがベストなのか?

産後骨盤矯正を始めようとお考えでしたら、できるだけ「産後3ヶ月」以内に始めてください。

(※ただし、産後はお体の状態によって施術が可能かどうか違いますので、不調が強い場合は、必ず専門家に判断をしてもらってください。)

なぜなら、産後3ヶ月過ぎてくると、妊娠・出産で緩んだ骨盤の関節が硬くなりやすく、矯正が徐々にしにくくなるからです。

実際に、産後1年以上過ぎて来院した方は、お体の状態が正常に戻るのに20回以上の施術が必要になるケースが多くみられました。

ではなぜ産後3か月過ぎると矯正しにくくなるのでしょうか?

産後の骨盤について

産後の骨盤は妊娠中から「リラキシン」というホルモンの作用により、出産に備えて骨盤の関節「仙腸関節」を支える靭帯が緩くなってきます。

妊娠中に骨盤の不安定感を感じた方も多いのではないでしょうか?

そして出産時には赤ちゃんが出やすくするために、産道が目いっぱい広がります。

この時に骨盤が最大限まで広がります。

このゆるみが大きいと、産後に様々な症状が出やすくなるのです。

産後の骨盤のゆがみチェックも自分でできるといいですね。

産後の骨盤のゆがみチェックの方法

産後三か月が目安になる理由

出産で緩んだ靭帯は、約2~3か月で元の硬さに戻り始めます

なのでそれ以上過ぎてしまうと、靭帯が硬くなてしまい、ゆがんだり広がった状態のままの骨盤になってしまうのです。
ですが、産後の状態はその人により様々です。

なかには産後半年が過ぎても、まだ骨盤がぐらついて骨盤ベルトが手放せないという方もいます。

産後はいつまで骨盤矯正ができるのか

今までお話ししたように、産後骨盤矯正は3か月くらいまでに始めるのがいいでしょう。

ですが、お子様を預けられないとか、どうしても都合が悪く行けなかったという方もいらっしゃいます。

よく問い合わせでも

「いつまでに産後の骨盤矯正はしたほうがいいのでしょうか?」

と質問を受けます。

基本的には

「産後6か月まで」

には始めましょうとお伝えしています。

産後は1年過ぎても矯正は可能です。

しかし、ゆがんだ状態が長くなればなるほど、元の状態に戻りにくくなるからです。

もちろんこの辺は施術する先生の腕も関係してきますので、まずは信頼できる先生にみてもらうのがいいでしょう。

【まとめ:産後骨盤矯正はいつから始めた方がいいのか】

・産後は最大限に骨盤が開く
・産後3か月以内に骨盤矯正を始めるのがベスト
・遅くとも産後6か月までには始める

このように産後は3か月まで骨盤矯正に始めることで、出産でゆがんだり広がった骨盤は元に戻りやすくなるのです。

もし「なかなか通えない」という方は、必ず骨盤ベルトで骨盤ケアをしてくださいね。

産後の骨盤ベルトの必要性について

産後の骨盤矯正に関してご質問の方は、こちらからご連絡くださいね!

LINEからご予約・無料相談できます